インフルエンザの治療にはタミフルしかないの?

風邪の女性

タミフルといえばインフルエンザの特効薬ということでも知られていますね。

事実多くの医師がインフルエンザと診断された患者に処方しています。

これは症状を早く改善する薬ではあるのですが、思春期の子どもに処方して副作用と思われるような症状が出た例があり、最近ではその年代に子どもに処方するのは慎重になっています。

では代わりに何がだされるのかというと、「リレンザ」という吸入薬です。

リレンザとはどういう薬なのか?

看護婦

これは一日2回、専用の容器に薬を入れて吸い込みます。

ちょっとコツが要りますので上手に指示を守れる年齢でないと難しいです。

リレンザはとにかく早く服用を開始するのが良いので、薬が処方されたらその場で一回目を吸います。

インフルエンザのウイルスの増え方は驚異的なので、早く阻止することが治療のポイントになるわけです。

また、服用を始めたら熱が下がったからといって医師の指示より早くうち切ることはしないで下さい

そうしてしまうと、まだ体内に少し残っていたインフルエンザウイルスがまた増殖してしまいます。

もう一つ、このリレンザの特徴としては「予防薬」としても使えるということ。

例えば家族でインフルエンザにかかった人がいて、受験や仕事などで絶対に今かかるわけにはいかない!という時。

一日一回の吸入で予防できます。

▼こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ