ジェネリック医薬品についての基礎知識

医師

ジェネリック医薬品。最近、テレビなどでよく耳にします。ジェネリック医薬品とはどんな医薬品なのでしょうか。

病院で処方される医薬品には先発医薬品と後発医薬品があります。

先発医薬品は新薬とも呼ばれ、従来になかった効果を持つ薬の成分で新薬を開発した会社には特許が与えられます。

特許期間中はその薬を独占的に製造・販売できます。

その特許期間(20~25年)が切れた後に他の会社から発売される薬のことを後発医薬品またはジェネリック医薬品と呼ばれます。

ジェネリック医療品はお得?安全?

不思議がる男性

ジェネリック医薬品は先発医薬品と効き目や成分、品質、安全性が同一であることを条件に厚生労働省から販売を許可・承認された薬です。

このジェネリック医薬品には先発医薬品よりも工夫されたものもあります。

例えば、添加物を加え、苦味を抑えたもの。微粒子化をはかり薬独特のザラつきを解消し、飲みやすく加工されたものなどです。

また、ジェネリック医薬品は先発医薬品に比べ、研究コストなどを大幅に抑えることができるため、低価格で販売でき、医療費抑制に貢献しています。国もジェネリック医薬品使用を推奨しています。

ジェネリック医薬品は患者の負担も軽減でき、安心して使用できる薬と言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ